homeprofilememberinformation

 女性の社会進出、地位向上が進む中、自分自身の生き方をしっかり持って活躍する女性が増えています。男女の価値ある共生を目指し、新しい社会、秩序を形成していくための女性の果たす役割は重要です。様々に悩みながら積極的に強く生きようと意識している方々に、グローバルな視点とタイムリーな内容で、FCCセミナーを開催しています。
 CONTENTS
第 14 回 平成 27年  4月  テ ー マ  「“女性が活躍する社会”の条件」    
(30周年記念)            講  師  上野 千鶴子 氏(東京大学 名誉教授/立命館大学 特任教授/NPO法人ウィメンズアクションネットワーク理事長)
第 13 回 平成 17年 11月  テ ー マ  「ダイエーの再生は私がやる!」    
                     講  師  林 文子 氏(株式会社ダイエー代表取締役会長 兼 最高経営責任者)
第 12 回 平成 16年  9月   テ ー マ  「イラク情勢の展望と日本の貢献」 
                      講  師  酒井 啓子 氏(アジア経済研究所地域研究センター参事)
第 11 回 平成 15年 11月  テ ー マ  「すべてを歌にこめて・・・」
                     講  師  石井 好子 氏(音楽家)
第 10 回 平成 14年 10月  テ ー マ  「行きよう“明日に向かって” 見せよう “大阪の勇気と希望を”」 
                     講  師  塩川 正十郎 氏(財務大臣)
第  9 回 平成 13年 10月  テ ー マ  「女性の特性と情報化社会」 
                     講  師  草柳 大蔵 氏(評論家)
第  8 回 平成 12年 12月  テ ー マ  「発明起業家エジソンの成功秘話」 
                     講  師  浜田 和幸 氏(国際未来科学研究所 代表)
第  7 回 平成 11月 11月  テ ー マ  「個の時代」
                     講  師  堀場 雅夫 氏(京都高度技術研究所 理事長)
                                        (衙拆貔什扈蝓‖緝充萃役会長)
第  6 回 平成 10年 11月  テ ー マ  「町人学者の経済展望」
                     講  師  重里 俊行 氏(大阪産業大学教授)
第  5 回 平成  9年 11月  テ ー マ  「厚仁の信じたもの 追い求めたもの 残していったもの」
                     講  師  中田 武仁 氏
第  4 回 平成  8年  6月  テ ー マ  「自分を生かす 自分を生きて」
                     講  師  坂本 春生 氏 (株式会社西友 代表取締役専務)
第  3 回 平成  7年  4月  テ ー マ  「21世紀を目指す女性たちへのメッセージ」
                     講  師  大前 研一 氏
第  2 回 平成  5年  8月  テ ー マ  「変わる社会と女性の役割」
                     講  師  小池 百合子 氏
第  1 回 平成  4年  8月  テ ー マ  「フェミニズムは何を変えたか?」
                     講  師  シャーウィン 裕子 氏

 

HOME